盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

免疫カアップ!バルサミコきんぴら

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ8 > 免疫カアップ!バルサミコきんぴら

146_title146_food 

 新型コロナウイルスの感染拡大が心配です。抗菌作用が強く、免疫カアップにもつながる料理を紹介していきたいと思います。きんぴらごぼうは定番の和食ですが、今回はバルサミコ酢とオリーブ油で洋風に仕上げました。

 イタリア特産の本格的なバルサミコ酢は、ブドウの濃縮果汁を長期間、樽(たる)熟成させて作る高価な調味料です。日本でも認知度が高まり、量産品であれば、手頃な価格で手に入るようになりました。「バルサーミコ」はイタリア語で「芳香がある」という意昧だそうです。

 食酢にはない甘味があり、デザートの味付けやトッピングに使われることもあります。常備菜として重宝な、きんぴらごぼうが酢の殺菌効果で、さらに日持ちが良くなり、サラダ感覚でさっぱりと味わえます 。どうぞお試しください。

【バルサミコきんぴら】

<材料>
ゴボウ         1本
しょうゆ(A)
酒(A)
みりん(A)
(A)は 各大さじ1と2分の1
バルサミコ酢    小さじ2
オリーブ油     大さじ1

<作り方>

  1. ゴボウはたわしでよく洗い、厚めのささがきにする。5分間水にさらしてざるに上げ、水気を切る。
  2. フライパンにオリーブ油大さじ 1を熱し、ゴボウを入れて中火で炒める。全体に油が回ったら(A)を加えて味をからめながら柔らかくなるまで炒める。
  3. バルサミコ酢を加え、少し炒めてうま味を引き出し、火を止める。

 

提供:盛岡タイムズ


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動