盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

セロリと豚肉煮のせ豆腐

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ9 > セロリと豚肉煮のせ豆腐

recipi-165brecipi-165a 

 栄養満点のセロリの香味と食感がアクセントのお料理です。
 セロリが食用に栽培されるようになったのは、17世紀のヨーロッパ。ですが、セロリはそれ以前の古代ローマ時代から、香料や薬草として使われてきました。かつてはミイラの首飾りや、古代ギリシャの祭事の際に使われていたこともあるそうです。
 日本に伝わってきたのは、16世紀の終わりごろ。セロリは和名をオランダミツバといいますが、この由来はセロリがオランダ船で渡来したことにちなんでいます。
 セロリの特徴は、なんといってもその独特の香り。その成分はアピインやセネリンと呼ばれるもので、肉の臭み消しに効果があるほか、唾液や胃液の分泌を促し、血圧上昇を抑える働きがあります。また、アピインには精神を落ち着けるリラックス効果が、セネリンには頭痛などを和らげる効果があります。
 そして栄養も豊富です。セロリには食物繊維がたくさん含まれているほか、摂取したたんぱく質からエネルギーを作り出すビタミンB6、体内の水分調整を行うカリウム、そして胃の粘膜を保護するビタミンU(キャベジンとも)など、体に欠かすことのできない栄養がたくさん入っています。
 梅雨に向けた体づくりのために、ぜひ作ってみてください。

【セロリと豚肉煮のせ豆腐】

〈材料〉

木綿豆腐         1丁
セロリ          1本
豚肩ロース(薄切り)  100㌘
しょうが(薄切り)    3枚
セロリの葉        適量
一味唐辛子        適量

〈調味料a〉

だし      2分の1カップ
しょうゆ       大さじ2
酒          大さじ2
みりん        大さじ1

〈作り方〉

①セロリは長さ3㌢に切ってから縦に薄切りにし、豚肉は細切りに、しょうがは千切りにする。

②小鍋に( a )を煮立て、豚肉としょうがを入れてほぐし、中火で煮る。

③肉の色が変わったらセロリを加え、汁気がほぼなくなるまで煮詰める。

➃豆腐は電子レンジで2分ほど過熱し、軽く水切りをして4等分する。

⑤器に盛った豆腐の上に➂をのせて一味唐辛子をふり、セロリの葉を飾る。

 提供:盛岡タイムズ


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動