盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

たっぷり野菜の豚しゃぶ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ9 > たっぷり野菜の豚しゃぶ

recipi-165brecipi-165a 

 皆さんは、日ごろの食事できちんと野菜を摂取できているでしょうか。
 厚生労働省が提示している「健康日本21(第二次)」では、1日の野菜摂取量の目標として約350㌘以上が掲げられています。ですが、平成30年の国民健康・栄養調査(厚生労働省が実施)で算出された平均野菜摂取量では、成人男性は約290㌘、女性は約240㌘と、圧倒的に目標より少ない値が出ていました。この数値から分かるように、ほとんどの人が、普段の食生活で野菜をあまりとることができていないのです。
 そこで、今回ご紹介するのは不足しがちな野菜を手軽に、そしておいしく食べることのできるお料理です。調理の手間はほとんどかかりません。豚肉をさっとゆで、お好みの野菜を盛るだけ。野菜も最近はパックに詰められ、日持ちするカット済みのものが売られていますので、便利なそちらを使えばさらに時短になります。
 野菜を食べることには大きなメリットがあります。野菜をしっかりとることで、三大生活習慣病であるがんや心臓病、脳卒中を予防することができます。野菜に含まれているビタミンやカリウムが、疾病リスクを低下させているのです。それとともに、免疫力や抗酸化力をアップさせる効果もあります。
 また、野菜は低脂肪な上に低カロリー。調理法によってそのかさを減らすこともできるので、満腹感を簡単に得られます。普段の食事でカロリーが気になる方や、ダイエットに挑戦してみようかなと思っている方は、まず炭水化物を減らし、野菜を多くとってみてはいかがでしょうか。
 なんとなく「体にいい」とは思っているものの、意識しないとなかなか不足しがちな野菜類。調理の過程が簡単であれば、野菜を食べるハードルも少し下がり、食生活を見直すいいきっかけになるかもしれません。もうすこしで4月。新生活が始まるこのときに、ぜひおためしあれ。

【野菜たっぷり豚しゃぶ】

〈材料〉

豚しゃぶしゃぶ用肉    200㌘
レタス       2分の1個
ピーマン(黄.赤.緑)   各1個
きゅうり         1本
セロリ          1本
※にんじん.キャベツ.紫キャベツなどお好みの野菜
◎調味料A
サラダ油    2分の1カップ
しょうゆ    4分の1カップ
酢       4分の1カップ

〈作り方〉

①野菜は細切りにして水にさらし、水気を切ってから大きめの器に盛る。

②調味料Aを煮立て、しゃぶしゃぶ肉をさっとゆでる。

③①の野菜の上に②をのせ、煮汁をかけて完成。

 提供:盛岡タイムズ


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動