盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

ネギソースで体をぽかぽかに

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ9 > ネギソースで体をぽかぽかに

recipi-167brecipi-167a 

寒暖差で体調を崩しやすいこの期には、体が温まるお料理がお薦めです。今回は、体を温める食材であるネギとショウガをたっぷり使った、食べ応えのある豚ロース肉のネギソースソテーをご紹介します。

 今回使うネギとショウガには、この時期にうれしい、体温を高めて免疫力を上げる効果があります。

 ネギには辛みの元となっている「硫化アリル」という成分が含まれており、強力な殺菌効果があります。硫化アリルは喉の痛みや咳を鎮めるほか、体温を上昇させる効果を持ちますので、風邪の予防に効果があります。硫化アリルは水溶性ですので、料理に使う際は水にさらしすぎないようにしましょう。また、硫化アリルは疲労回復などに効果のあるビタミンB1の吸収力を高めるため、ビタミンB1をたくさん含んでいる豚肉といっしょに食べるとさらに効果が増しますね。

 ショウガにも、うれしい効果がたくさん。ショウガの香りは食欲をそそり、胃液の分泌を促します。また、生のショウガに多く含まれているジンゲロールという成分は、胃腸の働きをよくして消化の促進を手伝います。さらに、新陳代謝を促し、発汗を促進させることで体を芯から温める効果があります。これはネギと同じく風邪の症状に効果的なほか、冷え性に対して大きな効果を発揮します。体を温めることにより血液をサラサラにし、疲労回復や風邪に対する予防の効果を高めるため、この時期は積極的に食べていきたい食材の一つですね。

 ネギの辛みと、ショウガの風味がたっぷり詰まった、ジューシーなお料理です。たくさん食べて、この時期冷えがちな体をしっかり温め、コロナウイルスや風邪から体を守っていきましょう。

【豚ロース肉のネギソースソテー】

〈材料〉

豚ロース肉          2枚
ネギ             1本
塩              少々
こしょう           少々
小麦粉            適量
サラダ油          小さじ1

◎A
ショウガ(すりおろし)    30㌘
酒            大さじ3
しょうゆ         大さじ1

〈作り方〉

①豚肉は室温に戻し、焼いたときに反り返らないよう、片面の筋に数カ所切り目を入れる。
②ネギは縦半分に切り、5㍉幅の斜め薄切りにする。
③豚肉の両面に塩、こしょうをふり、小麦粉を薄くまぶして、余分な粉をはたく。
④フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、肉の表側を上にして並べ入れる。きれいな焼き色が付いたら、裏返して反対側も焼く。
⑤Aを加えて全体にからめ、ネギを加えてサッと火を通す。
⑥肉を取り出して食べやすく切り、器に盛って、フライパンに残ったネギ入りのソースをかける。

 提供:盛岡タイムズ


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動