盛岡ガス株式会社 || 都市ガスおよび簡易ガスを供給しております

サバカレーで目覚め爽快

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ7 > サバカレーで目覚め爽快

title125 food125

 桜が満開となり、心が浮き立つ季節を迎えました。連休を控え、慌ただしく過ごしている人も多いのではないでしょうか。新しい環境にも、そろそろ慣れてくるころですが、緊張が解けると、こんどは疲れを感じやすくなります。そんなときにお薦めなのが、このカレー。栄養価が高いサバやカレー粉、ショウガ、ニンニクといった香辛料の薬効で、体をすっきりと目覚めさせてくれます。

 サバはコレステロールや血中の中性脂肪を下げるDHA、脳の栄養となり精神の安定にも働くEPA(オメガ3脂肪酸)など現代人に不足しがちな栄養素を豊富に含んでいます。旬のサバを調理できれば言うことなしですが、手軽で保存が利く缶詰を上手に利用するのも一つの手です。

 春は体調の変化が起こりやすい季節。睡眠も十分に取り、元気に過ごしましょう。

【さば缶ドライカレー】

<材料>4人分

サバの水煮缶                        2缶
玉ねぎ(A)        みじん切りで1個分
ショウガ(A)  みじん切りで大さじ2
ニンニク(A)  みじん切りで小さじ2
カレー粉                        大さじ3
サラダ油                        大さじ1
トマトケチャップ(B)        大さじ6
水(B)                               100cc
粉チーズ(B)                    大さじ2
ご飯茶わん                         6杯分
青ネギ                                  6本
ショウガ                            2かけ

<作り方>

①鍋にサラダ油を熱し(A)を入れる。色づくまで炒めたらカレー粉を振って、よく炒め合わせる。

②(B)とサバの水煮缶を缶汁ごと加え、木べらで崩しながら、汁気がなくなるまで5~6分煮る。

③青ネギは小口切り、ショウガは千切りにし、ご飯と混ぜる。器に盛り付け、カレーを添えて出来上がり。

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest 「ガスと暮らしの安心」運動 都市ガスの定期点検