盛岡ガス株式会社 || 都市ガスおよび簡易ガスを供給しております

鶏肉をドミグラスソースで

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ7 > 鶏肉をドミグラスソースで

recipi-121brecipi-121a

 ドミグラスソースは西洋料理の基本的なソースの一つです。市販品も充実しているので、家庭の冷蔵庫にある材料でも本格的な煮込み料理が簡単に作れます。鶏の胸肉は経済的な上、高たんばく、低カロリー。赤ワインに漬けると柔らかく風味も増して、牛肉にも劣らない昧わいになります。最後に加えるしょうゆ、塩、こしょうがポイント。味を引き締めた後、牛乳でまろやかに仕上げましょう。ちょっとした一手間が、いつもの家庭料理をランクアップさせます。

【鶏胸肉ときのこのドミグラスソース煮】

〈材料〉4人分
鶏胸肉      2 枚(600㌘)
シメジ        1 パック
エノキダケ        1 袋
玉ネギ          4 個
ドミグラスソース(缶詰めなど)
             300㌘
赤ワイン        200cc
オリーブ油       大さじ2
しょうゆ        大さじ2
ゲランドの塩       少々
こしょう         少々
牛乳          大さじ2
パセリ(みじん切り)  小さじ4
水           100cc
※バターライス      適量

〈作り方〉

  1. 鶏肉は好みで皮を除き約5㌢角に切る。バットに入れて赤ワインを振り約30分漬ける 。
  2. 玉ネギは縦半分に切り、8㍉幅に切る。シメジは根本の部分を切り小房に分ける。エノキダケも根本の部分を切り、大きくほぐして3㌢の長さに切る。
  3. 鍋を中火で熱しオリーブ油を入れる。①の鶏肉をワインから取り出して汁気を切り、軽くペーパータオルで押さえてから鍋に入れる。鶏肉の漬け汁は残しておく。
  4. 鶏肉に焼き色が付くまで両面を焼き上げ、②を加えてしんなりするまで炒める。
  5. 鶏肉の漬け汁全量と水100ccを④に加えて、ひと煮立ちさせ、あくを取る。ふたをして弱めの中火で約10分間煮る 。
  6. ドミグラスソースを⑤に加えて全体になじませ、ふたをする。さらに8分煮た後、しょうゆ大さじ2 、ゲランドの塩、こしょう 、牛乳を入れて味を調え 、2~3分煮込んで仕上げる。バターライスにパセリのみじん切りを散らし一緒に盛り付ける。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest 「ガスと暮らしの安心」運動 都市ガスの定期点検