盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

ピリ辛キッシュ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ9 > ピリ辛キッシュ

recipi-177recipi-165a 

キッシュはフランス・ロレーヌ地方の郷土料理で、パイ料理の一種です。ベーコンやチーズ、ホウレンソウなどの具が入ったキッシュが一般的ですね。
 今回は、キムチと辛子明太子でピリ辛風味なキッシュのアレンジレシピをご紹介します。夏にうれしいスタミナ料理です。豆腐を1丁、卵を3個使用しているので、ボリュームもたっぷりです。
 夏の暑い日にはわざわざ辛いものを食べたくなりますが、実はそれは理にかなった行動です。辛いものには発汗作用があり、汗をかいて体温を下げる働きや、スパイスとしての香りや味で食欲増進の効果もあります。夏バテなどで食が進まない時期でもありますが、そんな時こそ辛いものを食べて食欲を回復させましょう。
 ポイントとなる食材はキムチ。発酵食品であるキムチには、多くの乳酸菌が含まれています。乳酸菌は腸内で消化吸収を助けたり、免疫力を付ける善玉菌の活動を活発にさせるほか、腸内環境を整える効果があります。このレシピでは袋に入ったキムチを使っていますが、パックに入ったものでも代用できます。その際キムチの汁を加える工程は省いても大丈夫です。
 これからさらに暑い日が続きます。辛いものをおいしく食べて、夏を乗り切りましょう。

【ピリ辛キッシュ】

〈材料〉

木綿豆腐         1丁
キムチ          400㌘
辛子明太子       1はら
◎卵液
卵            3個
牛乳            300cc
塩こしょう        適量

〈作り方〉

①豆腐の水を切り、粗くつぶす。
②明太子はスプーンの背でしごいて身を出し、豆腐とあわせてよく混ぜる。
③キムチは汁けを絞ってざく切りにし、汁はとっておく。
④ボールに卵液の材料とキムチの汁大さじ3を入れ、よく混ぜる。
⑤耐熱皿にバターを塗って②を入れ、キムチを散らし、卵液を入れて180度のオーブンで10分焼く。


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動