盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

体を温める魚料理

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ7 > 体を温める魚料理

recipi-31brecipi-31a

夏から秋へ。朝晩もぐっと涼しくなり、本格的な秋も、もうすぐです。食べ物も体を冷やす夏の食材から、体を温める秋、冬の食材に切り替えていくと体調が整いやすくなります。白身魚を使った秋にぴったりの地中海風料理。トマトとレモン汁を染み込ませたマッシュルームの爽やかさが引き立ち、すっきりとした味わいに仕上がります。メカジキは年中手に入りますが秋から冬にかけてが旬。代わりにタラやホタテの貝柱を使っても美味です。バターライスやカリカリに焼いたフランスパンと一緒にどうぞ。

【メカジキとトマトの煮込み】

〈材料〉2~3人分
メカジキ         2切れ
トマト          大2個
玉ネギ         2分の1個
マッシュルーム     1パック
レモン汁           少々
塩            少々
こしょう           少々
白ワイン         大さじ2
塩(A)      小さじ3分の1
こしょう(A)       少々
パセリのみじん切り    適宜
サラダ油     大さじ2分の1
オリーブ油        大さじ1

〈作り方〉

  1. トマトは1センチ角に切る。玉ネギはみじん切りにする。マッシュルームは縦四つ割りにし、レモン汁を振りかけ、よく染み込ませる。
  2. メカジキは6等分に切り、塩、こしょうを振る。小麦粉をまぶし余分な粉ははたき落とす。フライパンにサラダ油を中火で熱し、メカジキを入れて、両面にこんがり焼き色が付くまで2分ずつ焼いて取り出す。
  3. ②のフライパンにオリーブ油をたして中火で熱し、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。マッシュルームを加えて、サッと炒め、焼いたメカジキを戻しいれて白ワイン、トマトを加える。煮立ってきたらAを振って混ぜ、ふたをして弱火で10分ほど煮る。器に盛り、パセリを振って仕上げる。

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動