盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

トマト鍋で健康に

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ7 > トマト鍋で健康に

title129 food129

 梅雨入りし、気温差が激しい日が続いています。予想以上に暑かったり、涼しかったり、体調管理が難しい時期です。風邪がはやる冬、わが家はよくキムチ鍋を囲みますが、夏は、これをトマト鍋に切り替えます。トマトはビタミンAやビタミンC 、リコピン、カリウムといった栄養素が豊富。体の調子を整えてくれる強い昧方です。

 和風のみそやだし汁と相性が良く、酸味があって減塩にも役立つのがいいところ。他の食材を、うまくまとめてくれるので鍋のバリエーションが広がります。高齢者世帯では白身魚や野菜を中心に、若い人や子どもが多い家庭ではソーセージや卵も加えるなど「わが家バランス」を工夫するといいでしょう。最後は、こ飯やうどんを入れてしめにすると、おなかも大満足です。

【夏を乗り切るトマト鍋】

<材料>

豚バラ肉      200グラム
タラ        3切れ
ホウレンソウ    2分の1束
玉ネギ       2個
シメジ       1パック
だし汁       500cc
トマトジュース   500cc
みそ        大さじ3
オリーブ油     大さじ1
塩         少々
黒コショウ     少々
パルメザンチーズ  大さじ1

<作り方>

①豚バラ肉は食べやすい長さに、タラは1切れを3等分に切っておく。

②玉ネギはくし切り、ホウレンソウは3センチの長さに切り、シメジは石づきをとってほぐしておく 。

③フライパンにオリーブ油を敷いて熱し、タラを皮目から焼いて両面に焼き目を付ける。

④鍋にだし汁とトマトジュースを入れ、玉ネギ、シメジを加えて、フツフツと沸いてくるまで煮る。焼き目を付けた、タラと豚バラ肉を入れて10分ほど煮込む。

⑤ホウレンソウを入れ、しんなりしたら火を止める。

⑥塩、黒コショウで味を調え、パルメザンチースをふる。

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動