盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

体が整うあったか夜食

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ6 > 体が整うあったか夜食

recipi-117brecipi-117a

 秋から冬へ。朝晩と日中の温度差が大きく、体調管理に注意が必要な時期です。体を芯から温め、自律神経を整えるジャガイモのレシピ。シンプルですが、ビタミンCやたんばく質がバランス良く取れ、子どものたちの冬の夜食にびったりです。
 ニンニクやネギに含まれるアリシンは、糖質をエネルギーに変えるための必須栄養素。ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があると言われています。血行を促進し、体をぽかぽかにする働きもあります。一度に使う量はわずかなので、こまめに料理に取り入れる工夫をすると良いでしょう。
 盛岡市も特産化に力を入れるアロニアは、ブルーベリーの2倍以上のアントシアニンを含むため、目の疲労回復効果が期待できます。ジャムに加工されたものが産直などで手に入りますので、ぜひ、地場のものを活用してください。

【ジャガイモとガーリックのミルク煮、アロニアトースト添え】

〈材料〉2~3人分
ジャガイモ       3個
ニンニク        1片
牛乳        1カップ
ショルダーベーコン   40㌘
しょうゆ      小さじ2
塩            少々
万能ネギ      2分の1本
※アロニアトースト
食パン         適量
アロニアジャム     適量

〈作り方〉

  1. ジャガイモは皮をむいて食べやすい大きさに切り、水にさらしておく。
  2. ベーコンは 1 ㌢幅の短冊に切る。ニンニクはつぶす。
  3. 鍋にジャガイモとニンニクを入れ、牛乳を注いで火にかけ、塩少々を加える。煮立ったら火を弱めてベーコンを加え、ジャガイモが柔らかくなるまで、ふたをして弱火でコトコト煮込む。
  4. ジャガイモが柔らかくなったら、しょうゆを加えて味を調え、ふたを取って煮汁を少し煮詰める。
  5. ニンニクを除いて器に盛り、ネギを小口切りにして散らす。
  6. トーストした食パンに、アロニアジャムを載せたものを添える。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動