盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

豚肉をくるみソースで

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ6 > 豚肉をくるみソースで

recipi-115brecipi-115a

 新米がおいしい季節です。口の中でとろける豚バラ肉と甘塩っぱいくるみソースは抜群の相性。幅広い年代に喜ばれる丼物にしました。
 肉の下ゆでに鶏がらスープを使うことで、こくが一層増します。スープを常温にしてから肉を入れるのが柔らかく仕上げるこつ。スープの量は肉がかぶるくらいに調整してください。たっぷりうま昧を含んでいますので、肉を煮た後は、あくを取り除き、うどんやラーメンのスープに利用するといいでしょう。
 くるみソースは、酢を加えることで味が引き締まり、日持ちも良くなります。湯豆腐や棒々鶏(バンバンジー)のたれにもお薦めです。

【豚バラくるみソース丼】

〈材料〉4 人分
豚バラ塊肉   300㌘
鶏がらスープ  600cc
長ネギ      2本
ショウガの皮   適宜
こ飯       適量
※くるみソース
みそ     大さじ 1
しょうゆ   大さじ 1
酢      小さじ 1
砂糖      小さじ2
ニンニク    小さじ1
クルミ           小さじ2

〈作り方〉

  1. 長ネギは緑の部分と白い部分に分け、白い部分で「しらがねぎ」を作る。しらがねぎは、5㌢程度の細切りにし、水にさらしパリッとさせる。

  2. 鍋に豚バラ肉を入れ、かぶる<らいのスープとネギ、ショウガの皮を加え中火にかける。煮だってきたら約20分 、竹串が通るまでゆでる 。

  3. 肉の表面を冷ますため、さっと水に浸ける。冷めたら水気をふき、肉の中がまだ湿かいうちに薄切りにする。

  4. クルミとニンニクは細かく刻むか粗めにすり、あらかじめ合わせておく。そこに砂糖とみそを入れ、よく混ぜる。最後にしょうゆと酢を加えて練り、くるみソースを作る。

  5. 丼にこ飯を盛り、肉を放射線状に並べ、中央にしらがねぎを載せる。くるみソースを回しかけ、出来上がり。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動