盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

夏のひんやりチキンパスタ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ6 > 夏のひんやりチキンパスタ

recipi-107brecipi-107a

 暑さが増す時期、ひんやりと冷たいパスタはいかがでしょっ。爽やかな酸味が食欲をそそります。
 低カロリー、高たんぱくな鶏の胸肉は、暑さで食欲が落ちる時期にも重宝。人の体内では生成できない必須アミノ酸をはじめ、糖質の代謝を促進するビタミンB群や免疫を高めるビタミンAも多く含まれていて、疲労回復に効果が期待できます。子どもたちが運動部で汗を流していた頃、夏バテ防止によく利用しました。
 脂肪分が少ないため、油断すると、ばさばさした感じになってしまいますが、ちょっとした下ごしらえで、ふっくらジューシーに仕上がります。フライパンに敷いたオリーブ油を肉を入れる前にしっかり熱しておくのもポイントです。鶏胸肉のソテーは作り置きして冷凍しておくと、サンドイッチの具やサラダにも便利に使えます。
 パスタは固めにゆで、氷水でしっかりしめましょう。好みでオクラやナス、エリンギなどをオリーブ油で軽くソテーし加えると、彩りも良く栄養価はさらにアップします。

【ひんやりチキンとパスタの冷製トマトソース】

〈材料〉2~3人分
鶏胸肉      2枚
オリーブ油  大さじ1
塩         少々
こしょう      少々
パスタ       適量
※トマトソース
トマト        1個
玉ネギ    2分の1個
ニンニク    1かけ
パセリ      15㌘
オリーブ油  大さじ4
塩         少々
こしょう      少々

〈作り方〉

  1. 鶏胸肉の皮自にフォークで数力所穴を開け、表面に塩、こしょっを振って下昧を付ける 。
  2. フライパンにオリーブ油を敷き、しっかり熱する。皮目から中火で焼き、皮目にこんがりと焼き色がついてきたら、裏返して弱火で裏面をじっくり焼く。
  3. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、食べやすい大きさにカットする。
  4. トマトはさいの目に切る。玉ネギはみじん切りにし塩を少々振って軽くもんでから水にひたし辛みを抜く。ニンニク、パセリもみじん切りにする。
  5. 玉ネギの水気を切り、トマト、ニンニク、パセリを合わせる。オリーブ油を加えて混ぜ、塩、こしょうで味を調えてトマトソースに。
  6. パスタをゆで氷水でしめた後、水気を切って器に盛る。冷やした鶏肉、ソースをかけ出来上がり。
     

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動