盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

シナモンで爽やかに

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ6 > シナモンで爽やかに

recipi-105brecipi-105a

 シナモンは「桂皮」と呼ばれ、古くから漠方薬やスパイスとして使われてきました。体を温め、血流を促すので、毛細血管の老化防止をはじめ、美肌や薄毛予防にも効果があると言われています。
 パピルスや旧約聖書の中にも登場しますから「最古のスパイス」というのもうなずけます。スパイスとして使う程度であれば、全く問題ありませんが、過剰摂取は、含まれる成分で肝機能障害を起こす可能性が指摘 されています。良薬も適量が肝心です。
 フレンチトーストは、そのままでも十分、おいしいのですが、シナモンがふわっと香ると、おしゃれで、気持ちまで爽やかになります。
 パンを焼く際、バターとオリーブ油を混ぜるのがこつ。焦げ過ぎず、香りよく仕上がります。母の日に主人が作ってくれた思い出の味 。大人のティータイムにどうぞ。

【シナモン風味のフレンチトース】

〈材料〉1~2人分
山型食パン(4 枚切り)    1枚
卵              1個
牛乳          1 0 0 cc
きび砂糖         大さじ2
シナモンスティック    4分の1本
バター          大さじ1
オリーブ油        大さじ1
※仕上げの盛り付け
きび砂糖          少々
バナナ            1本
イチゴ            1個
ミント           適宜
蜂蜜            適宜

〈作り方〉

  1. 鍋に牛乳、きび砂糖、シナモンを入れ弱火で温める。シナモンの香りが牛乳に移ったら、火を止めて冷ます。
  2. ボウルに卵を入れて割りほぐし、①をこしながら加える。
  3. パンを半分に切ったものを②の液に浸す。フライパンにバターとオリーブ油を温め、中火で片面ずつ焼いていく。
  4. バナナは縦に半分、横に半分に切る。バターでソテーし蜂蜜をかける。イチゴは1個を4枚の薄切りにして重ねる。きび砂糖を少々振ったフレンチトーストとフルーツを皿に盛り付け、ミントを飾って仕上げる

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動