盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

カボチャとツナとチーズのグラタン

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ5 > カボチャとツナとチーズのグラタン

recipi77recipi77a

 もうすぐクリスマス!ホームパーティーを予定している人も多いと思います。ごちそうが並ぶテーブルにあと一品、加えたい時、重宝なスピードグラタンです。ホワイトソースを作る手間もなく簡単。親子でクッキングを楽しんでみてはいかがでしょう。

 カボチャは収穫直後より、熟成させ、でんぷんが糖分に変わった頃、食べると、甘味が増し、ホクホクとしておいしいと言われています。保存性が高く、野菜が不足しがちな冬場の栄養食品として重宝がられてきました。

 人気のツナや玉ネギとあえると、カボチャの甘味が引き立ち、食べ応えも十分。耐熱皿の中でふつふつと泡立つ牛乳とチーズが溶け合い、絶妙の味わいです。

 塩をひとつまみ入れた湯で、カボチャを軽くゆがいておくと、さらに調理時間が短縮できます。焼き上げはオーブントースターでもかまいません。家にある機器の温度を見ながら、調整してください。

【カボチャとツナとチーズのグラタン】

〈材料〉 3~4人分

カボチャ200㌘
玉ネギ       2分の1個
ツナ缶          1缶
マヨネーズ      大さじ2
塩            少々
牛乳          100㏄
溶けるチーズ     80グラム
バター          適量

〈作り方〉

    1. カボチャは3㌢の長さで5ミリの厚さに切っておく。

    2. 玉ネギはみじん切りにする。

    3. 玉ネギとツナをマヨネーズと塩少々で混ぜておく。

    4. 耐熱容器にバターを薄く塗り、カボチャをのせ、③を重ねる。その上にカボチャを重ねて牛乳を入れ、溶けるチーズを散らす。

    5. 200度に予熱したオーブンで15分焼く。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動