盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

甘酒のフラマンジェ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ5 > 甘酒のフラマンジェ

recipi77recipi77a

 甘酒のこくと生クリームのふんわりとした食感が絶妙。秋の夜長にぴったりの和風デザートです。甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が豊富。トッピングに使うきな粉も、鉄の利用を促す銅などミネラルたっぷりで、積極的に食べたい食品の一つです。

 きな粉は、女性ホルモンのエストロゲンに似た動きをするイソフラボンが含まれていて、更年期障害や骨粗しょう症の予防にも効果があると言われています。トーストやミルクに加えるのもお薦めです。

 甘酒は発酵食品なので、温度を正確に測りながら調理すると失敗がありません。体に優しい食材を組み合わせたデザートで、心身を癒してください。

【甘酒のフラマンジェ】

〈材料〉

甘酒          330cc
蜂蜜           30cc
生クリーム       150cc
板ゼラチン       8グラム
きな粉(トッピング用)   適量
※下準備
生クリームは8分立てにする。板ゼラチンはたっぷりの冷水でふやかしておく。

〈作り方〉

    1. 鍋に甘酒と蜂蜜を入れてよく混ぜ、弱めの中火にかける。沸いてきたら火から降ろし鍋底に氷水を当てる。
    2. 粗熱が取れ50~60度になったら、ふやかしたゼラチンの水気をしっかり切って加え溶かす。細かい目のざるでこし、ボウルに入れる。
    3. ボウルに氷水をあてながら20度に冷まし、8分立ての生クリームを2、3回に分けて加える。
    4. 器に流し込み、冷蔵庫で冷やして固める。
    5. きな粉をトッピングし出来上がり。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動