盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

ジェノベーゼ風地産地消うどん

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ5 > ジェノベーゼ風地産地消うどん

recipe37-brecipe37-a

 パスタソースとして知られる「ジェノベーゼ」は、イタリアのジェノバ地方で生まれた緑鮮やかなソース。バジルペーストに、松の実やチーズ、オリーブオイルなどを加えて作ります。イタリアンを手に入りやすい岩手の材料に置き換えて、創作したのが、このうどん。ワケギの緑が引き立ち、独特の臭みもチーズが緩和してくれます。味に物足りなさを感じるときは、しょうゆを足すといいでしょう。春の日差しを感じるようになるこの季節。冷やしうどんで味わうのがお薦めです。

 恵まれた自然の中で育まれた岩手の食材は、世界に胸を張れる品質です。全国はもちろん、世界で知名度を高め、消費量を伸ばしてほしいと思います。そのために、新しい感覚の食べ物を県産品で創作し、発信していく努力も大事ではないでしょうか。

【ジェノベーゼ風地産地消うどん】

〈材料〉1人分
うどん          1玉
ワケギ(万能ネギやアサツキでも
可)           1束
粉チーズ       大さじ2
くるみ(A)       40㌘
オリーブオイル(A) 大さじ4
塩(A)       小さじ1
こしょう(A)      少々
しょうゆ(A)      適量
のり           適宜

〈作り方〉

  1. ワケギは小口切りにし、粉チーズと合わせておく。

  2. Aをフードプロセッサーに入れ、ペースト状にする。

  3. うどんをゆで、冷やし、器に盛る。

  4. うどんの上に①と②を載せ、好みで刻んだのりを振りかける。食べる前に麺と具をよく混ぜ合わせていただく。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動