盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

かぶとツナのスープ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > かぶとツナのスープ

recipi79recipi79a

 3月も後半。年度末で慌ただしい日々を送っている人も多いことでしょう。元気に一日を過ごすためには朝食をきちんと取ることが大事です。とはいえ、忙しい朝の準備は大変。旬のかぶを、おいし
くいただく時短スープを考えました。

 市販の缶詰めのうま味を生かすため、味付けも塩、こしょうですんでしまいます。彩りが美しいので、ディナーの付け合わせとしてもお薦め。においが気にならない時間帯の食事であれば、焼いたニンニクを加えると、さらに風味が増します。

 かぶは春と秋の2回、旬があり、春物は柔らかく、秋物は甘味が強いと言われています。胃腸の働きを活発にする酵素が豊富で、葉にもビタミンなどの栄養素をたっぷり含んでいます。上手に活用し、健康に役立てましょう。

【かぶとツナのスープ】

〈材料〉 4人分

かぶ           2個
ツナ           1缶
ホールコーン       1缶
かぶの葉        1個分
水2カップ(360㏄)
サラダ油    小さじ2分の1
塩            適量
こしょう         適量

〈作り方〉

    1. かぶは皮をむいて1・5センチ角に切る。かぶの葉は長さ2㌢に切る。

    2. ツナとコーンは缶汁を切り、ツナは大まかにほぐす。

    3. 鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、かぶとコーンをさっと炒める。
      水を注ぎ、煮立ったら塩小さじ3分の1、こしょう少々を加えて火を弱め、ふたをして5~6分煮る。

    4. ツナ、かぶの葉を加えて一混ぜし、塩、こしょう各少々で味を整
      える。

    5. かぶの葉がしんなりするまで煮たら、出来上がり。

※写真のトーストには、蜂蜜とバターを練り合わせたオリジナルスプレッドを添えています。自然な甘味のトーストはスープとの相性も抜群です。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動