盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

リンゴの愛情ケーキ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > リンゴの愛情ケーキ

recipi76recipi76a

間もなくバレンタインデー。恋人や大切な友達にお菓子のプレゼントを考えている人も多いでしょう。チョコレートを贈るのが恒例ですが、たまには、おいしい岩手のリンゴを使った手作りケーキは、いかがでしょう。ほのかな酸味とミルク風味が絶妙。しっとりとした食感が楽しめます。リンゴの下ごしらえを簡単にし、初心者でも気軽に挑戦できるレシピにしました。熱がまんべんなく伝わるよう高さ3センチ程度の型を使ってください。ガラス製の耐熱容器やパイ皿でも代用できます。

子どもたちの普段のおやつや、ブランチにもお薦め。粉チーズを振り掛けても美味です。

【リンゴの愛情ケーキ】

〈材料〉 高さ3センチ、直径18センチのケーキ型、2つ分

リンゴ              2個
無塩バター          200㌘
グラニュー糖(シュクレーヌ) 300㌘
卵                4個
生クリーム          200cc
薄力粉            300㌘
ベーキングパウダー      小さじ2
蜂蜜             小さじ1

〈作り方〉

  1. リンゴは皮をむき、2~3ミリのイチョウ切りにし、グラニュー糖大さじ4をまぶす。蜂蜜小さじ1を加え、電子レンジで3分加熱する。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて振るいにかける。
  3. ボウルに室温に戻したバターを入れ、白っぽくクリーム状になるまぜ混ぜる。グラニュー糖240グラムを加え、さらに滑らかになるまで混ぜる。
  4. ③に常温にし、溶いた卵を3回ぐらいに分けて加え、なじませるように混ぜる。よく混ざったら生クリームを加え、加熱したリンゴを汁ごと入れる。振るった粉を加え、へらでよくかき混ぜる。
  5. ④の生地を型に流し、180度に温めたオーブンの下段で35分焼く。
  6. 型から取り出し、表面に粉砂糖を振って仕上げる。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動