盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

北限のゆず鶏塩の空揚げ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > 北限のゆず鶏塩の空揚げ

recipi75recipi75a

陸前高田市で栽培される「北限のゆず」との出合いは、東日本大震災前にさかのぼります。初めて川の駅よこたで、このユズの香りをかいだとき、芳醇な香りに驚きました。地元の障害者就労継続支援事業所あすなろホームの利用者さんと、このユズを使ったシフォンケーキやクッキーの製造に取り組んだことは、前回も紹介しました。大津波のあと、県沿岸広域振興局の委託事業で生まれたのが「ゆず塩」です。同じ被災地である陸前高田市を支援するため、野田村が野田塩を提供することを快諾してくれました。揚げたての鶏の空揚げに、一振りすると格別の味わいです。ゆず塩は季節限定商品で、地元産直などで購入できます。手に入らない場合は、市販のレモンやユズの搾り汁でも代用できますが、一度は「北限のゆず」の本物の香りを試してみてください。

【北限のゆず塩鶏の空揚げ】

北限のゆず塩        適量
鶏もも肉        300㌘
片栗粉         大さじ3
しょうゆ        大さじ3
酒           大さじ3
牛乳          大さじ1
にんにく(擦り下ろし)  1かけ
はちみつ        小さじ1
塩             少々
こしょう          少々
サラダ油        300cc

〈作り方〉

  1. 鶏肉は食べやすいサイズに切り、塩、こしょうを振っておく。
  2. 鶏肉をはちみつでもんでおき、ビニール袋に牛乳、ニンニク、酒、しょうゆを入れその中に鶏肉を入れて、さらにもみ込む。そのまま30分置いておく。
  3. 別のビニール袋に片栗粉を入れ、そこに鶏肉を移し、粉をよくまぶす。
  4. サラダ油を中火で温め、低温(160~170度)で揚げる。最後に火を強め、カリカリに揚げる。
  5. ゆず塩を振りかける。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動