盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

さつまいもご飯

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > さつまいもご飯

recipi71recipi71a

サツマイモがおいしい季節になりました。サツマイモはビタミンCのほか、体内の余分なナトリウムを排出するカリウムも豊富です。

甘いサツマイモを炊き込んだご飯は、わが家の定番。土鍋のふたを開ける瞬間のワクワク感がたまりません。家族が茶の間に集まり、食卓を囲んだ少女時代を懐かしく思い出します。土鍋は手軽に煮炊きできる上、保温性が高いので昭和30~40年代は、今より、ずっと出番が多かったかもしれません。

祖母は余ったサツマイモご飯を、おにぎりにし、翌日はフライパンでバター焼きにしてくれました。焦げ目にしょうゆを垂らすと格別です。ありきたりのものでも一工夫し、おいしく食べさせてくれた祖母や母の愛情が身に染みます。

【さつまいもご飯】

米           2合
サツマイモ      中1本
          (250~300㌘)
だし昆布        7㌢
水         390cc
酒          10cc
塩         小さじ1
黒ごま         適量

〈作り方〉

  1. サツマイモは、よく洗って皮付きのまま、いちょう切りにする。
  2. 米を研ぎ、水を切って土鍋に入れ、分量の水を加え20分浸水する。
  3. ②に塩、酒を加えて、だし昆布を入れ、その上にサツマイモを載せる。
  4. ふたを閉め、中強火で約12分(ふたの穴から蒸気が勢いよく出て1分が目安)炊く。火を止めて20分蒸らす。
  5. ふたを開け、昆布を取り出し、黒ごまをかける。
    ※土鍋は、ふたが重く、中ふた付きのもののほうが、おいしく炊けます。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動