盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

カボチャのとろり肉あん

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > カボチャのとろり肉あん

recipi70recipi70a

日中と朝晩の温度差が大きいと体調を崩しやすいものです。免疫力アップにつながる秋らしい一品を考えました。

カボチャはβ‐カロチン(ビタミンA)をはじめ、ビタミンB1、B2、カルシウム、鉄などをバランスよく含んだ美容食。豚肉に豊富に含まれるビタミンB1の吸収も高めます。

β‐カロチンやビタミンCは、水に溶け出しやすいので、カボチャの下ごしらえは煮るより、蒸すのがお薦め。食欲がないときは主食に代えて、カボチャを食べると効率よく栄養を取ることができます。

豚肉を鶏挽き肉にし、ショウガの千切りを加えても美味。とろみがあるおかずは、高齢者にも喜ばれます。

【カボチャのとろり肉あん】

〈材料〉 2~3人分

カボチャ        4分の1個
豚ロースしゃぶしゃぶ用  100㌘
シイタケ           2枚
※あん
だし汁          100cc
しょうゆ         小さじ2
みりん          大さじ1
砂糖           小さじ1
塩              少々
片栗粉       大さじ2分の1
片栗粉に加える水     大さじ1

〈作り方〉

  1. カボチャは3センチ角の大きさに切り蒸して、器に盛り付ける。
  2. 鍋に片栗粉を除くあんの材料を煮立て、沸騰したらシイタケの薄切りを加える。さらに豚肉を加え、ほぐした後、あくを取りながら煮る。
  3. 火が通ったら水で溶いた片栗粉でとろみを付ける。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動