盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

雑穀で祝い寿司

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > 雑穀で祝い寿司

recipi77recipi77a

 3月に入り、進級や卒業など、お祝いの席が増えてきます。ホームパーティーで新たな門出を祝う機会も多いでしょう。簡単で見た目も豪華なケーキのようなカップ寿司(すし)を作りました。

 普段、食べている雑穀のうち、国産は半分以下と言われています。その貴重な国産雑穀の大部分を生産しているのが岩手です。ミネラルや食物繊維が豊富な雑穀は、栄養がぎゅっと詰まった優れた食材。雑穀を食す文化を、現代の食生活にも上手に取り入れていきたいものです。

 今回はアルミカップを利用し、ケーキのように、かわいらしく盛り付けました。遠足や運動会のお弁当にも喜ばれます。器はティーカップやプリンカップを活用してもいいでしょう。ちょっとした一手間が暮らしに潤いを与えてくれます。

【雑穀と大豆入り彩り寿司】

〈材料〉ケーキカップ 6個程度

米            3合
すし酢適量(約120㏄)
 ※酢        1カップ
  砂糖120㌘
  塩          20㌘
(材料を全部合わせて砂糖が溶けるまでよく混ぜる。使うすし酢は、ご飯の量の1割程度。米1合のご飯であれば40㏄が目安)
雑穀           適量
(米と一緒に炊くもの、炊き上がったものに混ぜるもの、どちらでも可)
大豆(ドライ缶)     適量
卵            1個
キヌサヤ         5枚
スモークサーモン   1パック

〈作り方〉

    1. ご飯を固めに炊く。

    2. フライパンに卵液を流し入れ、綿糸卵を作る。

    3. キヌサヤは塩を入れた湯でさっとゆでる。

    4. スモークサーモンは1枚ずつくるくる巻いて花のようにする。

    5. 炊き上げたご飯をすしおけなどに入れ、すし酢を加えて酢飯を作る。

    6. 雑穀、大豆も一緒に混ぜる。

    7. カップに雑穀ご飯を盛り、錦糸卵を散らしたあと、スモークサーモンやキヌサヤを飾り付けて出来上がり。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動