盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

春呼ぶたけのこご飯

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ4 > 春呼ぶたけのこご飯

recipi77recipi77a

立春を過ぎ、暦の上では春。寒さのやわらぎを感じる日も増えてきました。緑の息吹きを先取りし、 食卓に春を呼ぶ、炊き込みご飯を紹介します。たけのこの程よい歯応えと、ふんわり広がる桜えびの 香ばしさが絶妙です。桜えびは身近な食材ですが、国内では静岡県の駿河湾でしか捕れません。母方 の祖母が静岡の生まれだったため、春になると、わが家ではよく食卓に上りました。

桜えびは釜揚げし、冷凍したものを使っています。ない場合は、乾燥えびを日本酒に浸し、もどし て利用してもいいでしょう。定番の「なめこ汁」は、絹ごし豆腐を崩さず、お客さまにも品良く出せ る手順で仕上げました。

【春呼ぶたけのこご飯】

〈材料〉 4人分

ゆでたけのこ                             2分の1本
釜揚げ桜えび(冷凍)         50㌘
米                   2合
塩(できれば自然海塩)         5㌘
薄口しょうゆ               5cc
日本酒                 30cc
市販の白だし(または中華練だし)  小さじ1

〈作り方〉

    1. 米はといで、ざるに揚げ30分置く。
    2. 米を炊飯器に移し、調味料を加えて2合の位置まで水を入れる。桜えびとたけのこを加えて炊く。

【なめこのみそ汁】

〈材料〉 4人分

なめこ            小パック1袋
絹ごし豆腐           4分の1丁
一番だし             500cc
赤みそ            20~25㌘
三つ葉                適宜

〈作り方〉

      1. なめこはざるに入れ、流水で軽くぬめりを取る。豆腐は1センチ角に切っておく。
      2. 沸騰した湯で豆腐をゆがき、あらかじめ、わんに盛る。
      3. だしを沸騰させ、なめこを入れる。あくが出てきたら取り除き、みそを溶かし入れる。
      4. 豆腐の入ったわんに注ぎ、三つ葉を散らす。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動