盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

イチゴたっぷり杏仁豆腐

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > イチゴたっぷり杏仁豆腐

recipi-34brecipi-34a

盛岡は水がおいしいことで知られています。青龍水、大慈清水、御田屋清水など湧き水も豊富。水のおいしさがうまい豆腐を生み、毎日のように食べる習慣が生まれたのかもしれません。

「杏仁豆腐」は、もともとは中国の薬膳料理。ぜんそくなどに薬効のある「杏仁」の苦みを消し、甘くして服用しやすくしたのが始まりと言われています。中国の水はカルシウムやマグネシウムが多く溶け込んだ「硬水」のため、杏仁豆腐も固め。逆に日本の水のほとんどは「軟水」で、プルプルとした口当たりの良いデザートを作るのに向いています。

旬を迎えた地場産イチゴをたっぷり飾り、爽やかな酸味と甘いミルクのハーモニーを楽しんでください。

【イチゴたっぷり杏仁豆腐】

〈材料〉(4~5人分)
牛乳           250㏄
水            50㏄
生クリーム        100㏄
杏仁霜          20㌘
グラニュー糖       35㌘
粉ゼラチン        6㌘
冷水           30㏄
アンズ酒         20㏄
★シロップ
グラニュー糖       30㌘
水            120㏄

〈作り方〉

  1. 冷水にゼラチンを振り入れ、冷蔵庫に入れて10~15分ふやかす。
  2. 杏仁霜とグラニュー糖は、混ぜ合わせておく。
  3. 鍋に牛乳と水を入れ、中火にかける。フツフツと煮立ってきたら②を加え、よく混ぜて溶かす。火から下ろして60~70度に冷まし、ふやかしたゼラチンを加えて溶かす。
  4. こし器でこしながらボールに移し、ボールの底に氷水を当てながら冷ます。生クリーム、アンズ酒を加え、緩くとろみがつくまで混ぜる。
  5. 型に流し入れ、冷蔵庫で2~3時間冷やし固める。
  6. シロップの材料を鍋で煮詰め、滑らかに溶かして冷ます。
  7. 出来上がった杏仁豆腐にイチゴを飾り、シロップをかける。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動