盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

三陸山盛りピザ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > 三陸山盛りピザ

recipi-32brecipi-32a

春は別れと出会いの時。歓送迎会などで人が集まる機会も多くなります。パーティーにもぴったりな三陸の旬を山盛りにしたピザを作りました。チーズと和風みそだれの組み合わせは、大人にも、子どもにも喜ばれるはず。カキのエキスたっぷりのオイスターソースが、トッピングした海の幸の風味を引き立てます。

震災津波で大きな被害を受けた沿岸部では、カキやコンブ、ワカメなど特産品を再び市場で輝かせようと懸命な努力が続いています。苦境に負けず、立ち上がる人たちにも思いを寄せて、岩手の食の恵みを味わってほしいと思います。

【三陸山盛りピザ】

〈材料〉23㌢のピザ生地4枚分
★ピザ生地
強力粉         250㌘
薄力粉       250㌘
ドライイースト      12㌘
水(ぬるま湯)    260㏄
塩            12㌘
オリーブ油        25㌘
★トッピング
カキ           20粒
長ネギ          1本
ワカメ(塩蔵の場合はもどしたも
の)           20㌘
オリーブ油      大さじ2
溶けるチーズ       適量
★みそだれ
みそ         大さじ2
オイスターソース   大さじ2
そばつゆ       小さじ2

〈下ごしらえ〉

  1. カキは塩水で洗い、オリーブ油でさっと焼いておく。
  2. 長ネギは「白髪ねぎ」にして水にさらす。
  3. ワカメは冷水でもどし2㌢のざく切りに。

〈作り方〉

  1. 強力粉と薄力粉をボウルに入れてドライイーストを加え、よく混ぜる。
  2. ぬるま湯を入れ、よく混ぜてこねる。
  3. 生地が滑らかになったら丸めてラップをかけ、周りの温度を40度にして発酵40分。
    (生地が2倍ぐらいになるまで)
  4. 生地を4分の1に切り、丸めたあと、5分休ませる。
  5. オーブンの天板にオリーブ油を塗り、生地を直径13~15㌢ぐらいに丸く伸ばす。上からラップをかけ、そのまま直径21㌢ぐらいになるまで発酵させる。
  6. 発酵が進んだ生地を指で直径23㌢くらいまで伸ばす。その上にみそだれを塗り、白髪ねぎ、オリーブ油で焼いたカキ、ワカメを載せ、溶けるチーズを載せて10~15分焼く。

※みそだれの作り方
みそを、そばつゆで伸ばしながら混ぜる。オイスターソースも加えて香りをたたせるように混ぜる。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動