盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

フレンチトーストのリンゴソース添え

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > フレンチトーストのリンゴソース添え

untitleduntitled

私にとってリンゴは、祖母や母の姿がよみがえる思い出の果実です。東京で生まれ育った母は服飾専門学校の講師でデザイナー。スリムなスーツを壁にかけ「これが着られるように頑張る」と身も心も磨くようなおしゃれな人でした。戦後の混乱期に青春を送った母。志があっても十分に学べず、口惜しい思いもしたのでしょう。

「学べる時代に生まれて、頑張らなくてどうする!」と何度もハッパを掛けられました。そんな母が作ってくれたリンゴのおやつを思い出しながら作った一品。踏ん張りどころの受験生の夜食にも、ぴったりです。温かいミルクティーを添えてどうぞ。

【フレンチトーストのリンゴソース添え】

〈材料〉2~3人分
★フレンチトースト
フランスパン(厚さ1㌢) 6枚
牛乳           200㏄
生クリーム        100㏄
溶き卵         2個分
砂糖         大さじ2
塩            少々
シナモン         2㌘
バター          50㌘
★リンゴソース
リンゴ          1個
グラニュー糖       40㌘
生クリーム        70㏄
バター          30㌘

〈作り方〉

  1. ボウルに砂糖を入れ、その中に溶き卵を少しずつ入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  2. よく混ざったら牛乳と生クリームを加えて混ぜる。さらにシナモンを加えて混ぜる。
  3. ②にフランスパンを浸す。
  4. フライパンに1㌢角に切ったバターを溶かし、③のパンを焼き色が付くまで中火で両面焼く。
  5. 焼き上がったら、皿に盛り付ける。

★リンゴソース

  1. リンゴは皮と芯を取り、1㌢角のサイコロ状に切る。
  2. フライパンに1㌢角に切ったバターを溶かし、①のリンゴを入れて水分を飛ばすように、中火でよく炒める。
  3. グラニュー糖を加え、溶けたら生クリームを入れて混ぜながら煮詰める。キャラメル色になったら出来上がり。フレンチトーストにかけていただく。

【ロイヤルミルクティー】

  1. 人数分の茶葉を、前もって、ぐらぐらと沸騰した少量の湯で湿らせておく。
  2. 鍋に牛乳と水を1対1の割合で入れて沸かす。
  3. 細かい泡が全体に出てくる沸騰直前に、湿らせた茶葉を入れ、すぐに火を止めて手早く混ぜる。
  4. ふたをして3~4分蒸らしてから温めておいたカップに茶こしで、こしながら注ぐ。

 

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動