盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

カブとミートボールのミルクシチュー

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > カブとミートボールのミルクシチュー

recipi-27brecipi-27a

あけましておめでとうございます。新しい年の始まり。シャキッと体を整え、仕事や勉強に力を入れたいものです。とはいえ、年末年始の慌ただしさで、疲れが残っている人もいるでしょう。旬の野菜がたっぷり取れ、胃にも優しいレシピを考えました。カブの葉は「スズナ」と呼ばれ、春の七草に数えられています。カブは煮えやすいので少し大きめに、ニンジンや玉ネギは小さめに切るのがこ
つ。一度に鍋に入れても同じタイミングで火が通り、煮崩れせず、美しく仕上がります。余った餅を
加えて「洋風雑煮」にするのもお薦めです。

【カブとミートボールのミルクシチュー】

〈材料〉4~5人分
カブ           1束
玉ネギ          1個
ニンジン         1本
※ミートボール
鶏ひき肉        200㌘
卵          大さじ1
玉ネギ(みじん切り) 大さじ1
片栗粉        小さじ1
塩            少々
酒         大さじ2分の1
※スープ
水             600㏄
牛乳            400㏄
固形スープの素      1個
塩・こしょう       適量
小麦粉        大さじ1
バター        大さじ1

〈作り方〉

  1. ニンジンと玉ネギを1㌢角に切る。
  2. カブは茎を1㌢ほど残して葉を切り離し、縦半分に切る。葉も1㌢の長さに切る。
  3. 鍋に水を入れ、野菜と固形スープの素を加え、野菜が軟らかくなるまで中火で煮る。
  4. ミートボールを作る。材料を粘りが出るまでフワッとよく混ぜ、鍋の野菜が煮えたら小さいミートボールにして鍋に入れていく。
  5. カブの葉を入れる。
  6. 塩、黒コショウを振って下味を付ける。
  7. 小麦粉と室温に戻し、軟らかくしたバターを混ぜる。
    (これは「ブールマニエ」と呼ばれる、フランス料理でよく使われるペーストです。小麦粉をダマにせず、上手に使うことができます)
  8. 鍋を弱火にして⑦を加える。
  9. 牛乳を入れ、煮立ったら出来上がり。

 

 

 

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動