盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

ゆで鶏のトスカーナ風マリネ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > ゆで鶏のトスカーナ風マリネ

recipi-26brecipi-26a

フィレンツェなど多くの古都があるトスカーナ地方はイタリア・ルネサンスの中心地。フランス料
理は16世紀に、この地方の料理の影響を受けて成立したと言われています。ブドウやオリーブの名産
地でもあり、特産の「キャンティワイン」が有名です。留学したフランスの料理学校では、ヨーロッ
パの歴史や文化を丁寧にひもとくところから、学びが始まりました。

料理は、その土地の風土や人の生きざまを色濃く反映したものなのです。聖夜、イタリアの風を想像しながら、ディナーを楽しんでみてはいかがでしょう。

【ゆで鶏のトスカーナ風マリネ】

〈材料〉4人分
鶏胸肉          2枚
ゲランドの塩       2㌘
セロリの葉        4枚
玉ネギ(みじん切り) 大さじ1
固形スープの素      1個
黒こしょう        適宜
ローリエ         1枚
水            適宜
※マリネ液
オリーブオイル      60㏄
レモン汁         30㏄
ワインビネガー      15㏄
タイム          適量
ゲランドの塩       2㌘
こしょう         少々
レーズン         60㌘
しょうゆ         5㏄

〈作り方〉

  1. ゲランドの塩をすり込んだ鶏胸肉を鍋に並べ、ローリエ、セロリの葉、玉ネギのみじん切り、固形スープの素を入れ、水をひたひたに注ぐ。
  2. ふたをして、やや弱めの中火で20分蒸し煮する。
  3. 汁に漬けたまま冷やす。
  4. マリネ液の材料を混ぜてバットに入れ、そこに冷やした鶏胸肉を浸し、半日から一晩、冷蔵庫で漬け込む。
  5. 味が染みた鶏胸肉を手で割いて器に盛り付け、残ったマリネ液をかける。

【チキンライスのホワイトソース添え】

〈材料〉4人分

米            2合
固形スープの素      1個
水           360㏄
バター          20㌘
玉ネギ       2分の1個
鶏もも肉         80㌘
※ホワイトソース
牛乳           200㏄
薄力粉          15㌘
バター          15㌘

〈作り方〉

  1. 熱したフライパンでバターを溶かす。
  2. バターが溶ける前に、玉ネギのみじん切りを加え、炒める。
  3. 玉ネギがしんなりしてきたら、鶏もも肉を加え、表面の色が変わるまで炒める。
  4. 洗った米を炊飯器に移し、③を載せる。
  5. 鍋に水と固形スープの素を入れ、沸騰させたら④に加え、早炊きする。
  6. ホワイトソースを作る。ボウルに振るった薄力粉を入れ、牛乳を加える。フライパンにバターを入れて溶かし、ボウルの中身を加えてクリーム状になるまで強火でかき混ぜる。
  7. 炊き上がったチキンライスにホワイトソースをかける。(赤パプリカを刻んでアクセントにすると、クリスマスらしい一品になります)。

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動