盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

サケの南蛮漬け

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > サケの南蛮漬け

untitleduntitled

サケは良質なたんぱく質が豊富。脂肪には血液の流れを良くするDHA(ドコサヘキサエン酸)なども含まれています。身の赤い色はアスタキサンチンによるもので、体の中で有害な活性酸素を除去する働きがあります。おいしい上に健康にも良い食材です。

母が父のためにアジの南蛮漬けを作っていたことを思い出し、旬の秋サケで試してみました。皮と身の間にはコラーゲンがたっぷり。かたくり粉をまぶして焼くのでうまみが逃げず、揚げるより低カロリーです。オリーブ油をよく熱し、皮がカリカリになるまで焼くのがこつ。香ばしさが増し、身も軟らかく仕上がります。爽やかな風味のしょうがご飯を添えました。

秋サケは岩手が全国に誇るべき優れた地産食材。和洋にアレンジし、たくさん味わいたいものです。

【サケの南蛮漬け】

〈材料〉3~4人分
生サケ         4切れ
塩、コショウ       少々
かたくり粉        適量
オリーブ油         60㏄
タマネギ(小)      1個
※漬けだれ
しょうゆ       大さじ4
水          大さじ4
みりん        大さじ4
赤唐辛子         1本
※タルタルソース
らっきょう        2個
ゆで卵          1個
マヨネーズ      大さじ3

〈作り方〉

  1. 生サケの切り身は、3等分にして塩、コショウで下味を付ける。両面にかたくり粉をまぶす。
  2. タマネギは薄切りにする。
  3. フライパンにオリーブ油を熱し、煙が立つまでよく温める。①のサケを皮目から中火で焼く。皮がカリカリになるまで焼き、焼けたら裏返して約1分。表面の片栗粉がなくなってきたら火を止める。
  4. たれの材料を合わせて鍋に入れて混ぜ、②のタマネギを入れる。鍋を火にかけ、沸騰したら止める。
  5. ④に③のサケを入れて一晩漬ける。赤唐辛子は30分漬けたら取り出す。
  6. らっきょうとゆで卵をみじん切りにし、マヨネーズと合わせてタルタルソースを作る。サケを食べる直前にかける。

【しょうがご飯】

〈材料〉3~4人分
米            2合
ショウガ         適量
水            360㏄
こぶ茶        大さじ1

〈作り方〉

  1. 米は洗って水を切り、炊飯器の釜に入れておく。
  2. ショウガを好みで千切り、またはすり下ろし、米の上に入れる。
  3. 鍋に水とこぶ茶を入れて沸騰させ、②に加えて早炊きする。

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動