盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

りんごのクラフティ

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ2 > りんごのクラフティ

recipi-23brecipi-23a

旬のリンゴで体も心も温まるスイーツを作りました。リンゴはビタミンや繊維質が豊富。「1日1個
のリンゴで医者いらず」ということわざがあるほど、体に優しい果物です。

子どものころ、母が「喉に良いから」とすり下ろしたリンゴに蜂蜜を混ぜて食べさせてくれました。芯をくり抜いてバターとグラニュー糖を詰め、飴色の焼きリンゴを作ってくれたこともあります。私にとっては、母のぬくもりが思い出される懐かしい果実でもあるのです。

クラフティはフランスのリムーザン地方の伝統菓子。果物入りのカスタードプディングのようなお菓子です。洋風茶わん蒸しのようなイメージで、長ネギやタマネギ、キノコ類、ベーコン、ゆで卵などを具にしても、しゃれた一品になります。具を肉や野菜にする場合は、生地に入れるグラニュー糖を60㌘にしてもいいです。

【リンゴのクラフティ】

〈材料〉
直径21㌢のタルト型1個分
リンゴ          2個
卵            4個
バター          60㌘
牛乳           100㏄
グラニュー糖       120㌘
薄力粉          60㌘
バニラオイル       少々
型に塗るバターと粉    適量
仕上げのシュクレーヌ(バターにすぐ溶けるきめの細かいグラニュー糖)
適宜

〈作り方〉

  1. タルト型または耐熱容器(キャセロール)にバターを塗り、粉を振って余分な粉は取っておく。
  2. バターは溶かしておく。
  3. ボウルに卵を割り入れ、泡立て器でよくほぐす。この中に牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
  4. グラニュー糖と溶かしバターも順に加えてよく混ぜて、バニラオイルを入れて香りを付ける。
  5. 薄力粉を振るい入れ、泡立て器で手早く混ぜる。
  6. リンゴの皮と芯を取り、2㍉ぐらいの厚さに切る。準備しておいた型に並べ、生地を流し入れる。
  7. オーブンの中段、190度で25分焼く。焼き上がりにシュクレーヌを振りかける。

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動