盛岡ガス株式会社 || 都市ガスを供給しております

トマトムース

TOP > 小野寺惠の素敵なレシピ1 > トマトムース

recipi-18brecipi-18a

お盆が過ぎ、夏も終わりに近づきましたが、まだ暑い日は続きます。子どもやお年寄りにも喜ばれる、さわやかなムースはいかがでしょう。トマトは栄養価も高く、活躍の幅が広い野菜。スイーツにも応用が利きます。

冷蔵庫に中途半端に余りがちなジュースを活用するのがポイント。市販のプリンやゼリーでは、つい食べ過ぎ、糖分を取り過ぎてしまいますが、手作りスイーツであれば、味わい方も変わってきます。リンゴジュースは、ブドウなど他の果実のジュースでも代用可能。オリジナルの味を試してみてください。

【トマトムース】

〈材料〉
デザートグラス4~5個分
トマトジュース      150cc
リンゴジュース      50cc
牛乳           100cc
バニラビーンズ  市販の袋1本
(はぶいても可)
卵黄          2個分
レモン汁         10cc
蜂蜜           10㌘
ゼラチン         5㌘
水            30cc
生クリーム        100cc
グラニュー糖       30㌘

〈作り方〉

  1. ゼラチンは分量の水に振り入れ、湯せんにかけて溶かしておく。ボウルに卵黄だけを入れて溶きほぐす。
  2. 小鍋にトマトジュース、リンゴジュース、牛乳、バニラビーンズを入れ、沸騰する直前まで軽く温める。
  3. 別のボウルにグラニュー糖、レモン汁、蜂蜜を入れてすり混ぜる(すり混ぜることによって香りが引き立つ)。
  4. 卵黄の入ったボウルに③を2、3回に分けて入れ、その都度混ぜる。
  5. ④に②を少しずつ混ぜていき、全部入ったら、こして小鍋に戻す。
  6. 小鍋を80度ぐらいに温め、火を止めてゼラチンを入れて混ぜる。鍋底を氷水に当て、少しとろみがつくまで冷やす(約20度)。
  7. ⑥を大きめのボウルに移し、七分立ての生クリームを入れて、ふんわりと混ぜる。ゼリー型やグラスに流し、冷蔵庫で30分冷やしたら出来上がり。

 

 

提供:盛岡タイムス


トップページへ戻る

盛岡ガス燃料 2015040301 2014042401 エネルギーを上手に使うためのポイント 安心高度化ガス機器普及開発研究会 ガスの安全合言葉で見直し隊  ウィズガス 高効率ガス給湯器デファクト化研究会 bnr-energylink-cookingcontest  都市ガスの定期点検ガスと暮らしの安心運動